2014年02月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2014/02/07(金) 09:30:00.30 ID:
    日本で行われた過激すぎるイタズラが話題となっています。
    「無礼な目覚め」と名づけられたこの起こし方は今までにない全く新しい方法だといえます。

    コメディアンのトシアキ・カスガは寝ているベッドの花火に着火され、
    爆発と同時に屋根を突き破って空高く…バンジーケーブルのようなものによって放り投げられます。
    熟睡していた彼は1分後には空を駆けているのです。
    カスガは非常に恐怖しているように見えます。

    このカスガの試練は日本のテレビ番組で行われたもので、
    ドッキリ賞が贈られたとのことです。

    http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/toshiaki-kasuga-wakeup-prank-video-3118567
    【【メディア】寝ているベッドに着火し、そのまま空高く放り投げる…日本の過激すぎるイタズラ。英紙[2/7]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2014/02/07(金) 02:34:18.74 ID:

    桜蔭中学校合格発表2014年度


    公開日: 2014/02/04
    桜蔭中学校入試の合格発表の模様「2014年2月2日(日)」を掲載いたしました。
    【【動画】女子校最難関の桜蔭中学校で合格発表 可愛い女子小学生が泣いて喜ぶシーンも】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2014/02/07(金) 16:44:48.53 ID:
    エヌ・シー・ジャパンがサービス・運営を行う総合ゲームポータル「NCSOFT」において、
    韓国・中国で大ヒットを記録した超大型オンラインゲーム『ブレイドアンドソウル』の日本サービスに
    向けた特設サイトを公開した。

    『ブレイドアンドソウル』は、圧倒的な打撃感とスピード感が生み出す「舞闘」や、武術と魂が
    織り成す千年世界で紡がれる「物語」がアジア各国で評価され、現在大ヒットを記録している
    タイトル。制作構想7年、制作費に総額50億円を投じて作り込まれた超大作オンラインRPGだ。

    特設サイトでは、日本国内でのサービス展開に合わせ、ゲームと同様の世界観をモチーフに
    繰り広げられるオリジナルTVアニメーション「ブレイドアンドソウル」の情報も公開されている。

    アニメはゲーム本編を原作とし、原案はエヌシージャパンが担当。「マグナカルタ」などを
    手掛けたキムヒョンテ氏による原作キャラクターをモチーフとしたオリジナルストーリーで展開する。

    監督には「モーレツ宇宙海賊」の竹内浩志氏と、「Steins;Gate」を手掛けた浜崎博嗣氏を起用。
    シリーズ構成を冨岡淳広氏(代表作:ポケモンシリーズ)が、アニメ版キャラクターデザイン兼
    総作画監督には長田絵里氏と、豪華制作陣が集結。

    キャラクターに命を吹き込む声優陣には、「魔法少女まどかマギカ」などに出演した悠木碧さんを
    はじめ、大原さやかさん、雨宮天さん、高垣彩陽さんといったキャストが起用されている。

    さらにアニメーション制作は「絶対防衛レヴィアタン」などを手掛けたGONZOが担当し、
    スピード感あふれるハイクオリティな映像作品として登場する。

    ジーパラドットコム
    http://www.gpara.com/article/cms_show.php?c_id=39969&c_num=14

    Blade & Soul(音出ます)
    http://www.ncsoft.jp/bns/
    ブレイドアンドソウル
    http://www.tbs.co.jp/anime/blade/
    【【ゲーム】MMORPG「Blade&Soul」 TVアニメ化、TBSなどで4月放送開始 制作:GONZO、キャスト:悠木碧、大原さやか、雨宮天、高垣彩陽】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2014/02/07(金) 11:58:11.90 ID:

    亀田興毅、和毅両選手らを提訴 「暴行を受けた」JBC男性職員 
    2014.2.7 11:28

     プロボクシング亀田大毅選手の世界タイトル戦で使用するグローブをめぐって
    トラブルになり「暴行を受けた」などとして、日本ボクシングコミッション(JBC)の
    男性職員が、亀田選手の兄の興毅、弟の和毅両選手ら亀田ジム関係者4人を
    相手取り、1千万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。訴えは6日付。

     訴状によると、興毅、和毅両選手ら4人は、昨年9月3日に高松市内で行われた
    大毅選手の世界タイトル戦で、対戦相手が亀田ジム側の希望する日本製グローブを
    使わずにカナダ製の使用を決めたため、男性職員に抗議。男性職員が会見室から
    退室しようとするのを妨害し、興毅選手が「おかしいじゃないか」と脅し、和毅選手が
    首や肩を数回小突くなどした、としている。

     原告側によると、タイトル戦は対戦者それぞれが希望するグローブを使える契約
    内容だった 

    http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140207/trl14020711300000-n1.htm
    【【速報】 亀田興毅、和毅両選手らを提訴 JBC男性職員「暴行を受けた」と損害賠償請求】の続きを読む

    このページのトップヘ